ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

AGP −艦これ− 大和改

2016.01.15 (Fri)


みなさんこんばんわ。

本日AGP -艦これ- から、大和改です。

改装前の大和は持っていなかったのですが、昨年9月に大和改が発売され、年明けの買い物として入手できました。

改装前の大和は評判がそこまでよろしくなかったようですが、この大和改、先に発売された武蔵改ほどではないにしろ、塗装の精度が美しくなっておりました。

艤装も対空砲が一部追加されたりと、オリジナルのアレンジがされているようです。

では、続きからどうぞ〜。
ymt2.jpg
ymt3.jpg
まず艤装を外した状態から。

黒が中心だった武蔵とは違い、大和はレッドとパールホワイトで明るい雰囲気の塗装ですね。

頭部の髪は可動するのでポーズに合わせて向きを変えられます。

ymt4.jpg

左足には非理法権天の文字がプリントされています。

これは「ひりほうけんてん」と読むそうで、意味は天道に従って行動すべきであるという意味らしいです。
戦艦大和にはこの文字が印されていたそうな。

ymt5.jpg

ymt6.jpg
ymt7.jpg
ymt8.jpg

表情パーツは4種付属。
ゲームでの絵を元にしたと思われる微笑んだ表情が2種、正面を向いた凛とした表情が1種、笑顔が1種付属します。

正面顔以外は左に視線を向けていますね。

ymt9.jpg

武蔵改と並べて見る。
武蔵の方がやや身長が高いですね。
二人の雰囲気も対照的です。


ymt10.jpg
傘は手に装備可能。
傘っていうかこれマストか電探でしょうか?


ymt11.jpg

艤装装着。
武蔵同様に超弩級です。
左右と背部に主砲が装備されていますね。
艤装装備時はスタンドでディスプレイできます。
重いですが、専用ジョイントのおかげでしっかり装備できます。
ymt12.jpg
左右の主砲には対空砲が2基ずつ装備されています。
改装前の大和には無かったので、恐らくこれが新規追加部分でしょう。
砲身はそれぞれ可動。
ymt13.jpg
副砲も可動し、こちらも砲身が上下に少し可動します。

ymt14.jpg
もちろん背部の主砲も可動。

これ戦闘中どうやって撃ってるんだろうか・・・。

ymt15.jpg
艤装はジョイントの向きを変えることで閉じた状態にできます。
艤装も重いので、不安な方は付属のスタンドをフルに使うと良いでしょう。

ymt16.jpg

武蔵改と。

やっぱりこの二人が並ぶとブースに収まりきりませんね。

以下アクション。

ymt17.jpg

ymt18.jpg
ワンフェスで買った港湾棲姫と。
ymt19.jpg

やっぱり港湾にも艤装が無いと艦娘と並べても迫力に欠ける・・・。ガンプラかなにかで港湾棲姫用にオリジナル艤装でも作りますか・・・。

ymt20.jpg
魂エフェクトのウェーブエフェクトがあれば海上戦っぽい雰囲気が出せますね。

ymt21.jpg


髪の毛が艤装に干渉しやすいですが、可動するおかげでいくらか解消されています。

ymt22.jpg

やっぱりフィギュアだし乗り物に乗せてみる。
武蔵の時はライドチェイサーだったので大和にはSHF ライドマッハーに乗せてみました。

大和の可動範囲が前に屈みづらいのでバイクに乗せるのはオススメできませんね・・・。

ほんとにちょこんと乗せてるだけです。

ymt23.jpg

せっかくなので武蔵ライドチェイサーと。

ymt25.jpg

オプションハンドは左右合わせて10種付属しており、手の動きも武蔵に付属したものよりややおとなしめのものでした。
持ち手が2パターン付属してるのはいいですね。

徹甲弾を持った手首も付属。

ymt24.jpg

確か公式のイラストで大和が武蔵の髪を結ってあげてる絵があったのでそれっぽくやってみる。

以上、AGP 大和改でした。

通常の大和は持ってないので比較は出来てませんが、新規の表情がより凛々しく柔らかくなったと思います。
艤装も迫力あるビッグサイズで、砲身の可動など動いて欲しいところは動いてくれてました。

大和改本体に関しては、可動範囲が武蔵よりやや狭く感じました。
武蔵は上着をほぼ脱いでいることもあって、腕回りの動きがまだ付けやすかったのですが、
(ごめんなさい逆でした。大和の方が腕が広く動かせます。)大和は前に屈みにくく、艤装装着時のベースとの接続を考えると腰を入れたイラストのポーズがとりづらかったです。
前髪が腕に当たって外れやすいのも注意です。

通常の大和では不評だったらしい塗装についてですが、少し跳ねがあったものの改ではそこまで悪くなかった印象。
パールホワイトも美しく、髪の造形も綺麗に整っていました。
さすがに頭部の桜はキツかったようですが、私は及第点だと思います。

あえて言うならばスカートの横部分、確かここは元絵だと空洞になってて太ももがちらっと見えてる部分だったと思うのですが、なぜか塗装で再現されてましたね。
ここが気になる人は少なからずいるかもしれません。
もう一つの不満は表情が戦闘中のアクションに使いにくい表情ってことかな・・・。

全体的にはお値段相当のギミックとボリュームだったと言える出来でした。
表情揃えたいので機会があれば通常の大和も買っておきたいですね。
通常版か大和改かどっちを買うか悩んでいる人は迷わず改をお勧めします。


大和はゲーム内でも非常に強力な艦娘として活躍しており、当然人気のある艦娘だったりします。

まあ、武蔵共々うちの鎮守府にはまだ来てくれてないんですけどね(血涙)


それではまた〜。


関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック