ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

HG MSオプションセット3&ギャラルホルンモビルワーカー

2016.01.19 (Tue)


みなさんこんばんわ。本日は鉄血のオルフェンズから、HG MSオプションセット3&ギャラルホルンモビルワーカーです。

滑空砲にバズーカにミサイルランチャーと、充実したオプションを出して来たオプションセットですが、今回は銃火機ではなく斧や鉈と重量級の武装がメインとなっております。

今回はシール未使用の素組みです。

では、続きからどうぞ〜。
msp2.jpg
最初に記述した通り、今回は銃火機ではなく近接武器がメイン。

セット内容はグシオンアックス、ハルバード、グシオンチョッパー、ギャラルホルンモビルワーカーです。

色分けは特にされておらず、成形色は全部ガンメタルです。

msp3.jpg
msp4.jpg
msp5.jpg
msp6.jpg

ギャラルホルンモビルワーカー。
CGSのモビルワーカーに比べて一回り大きいです。
素組みだとディテールが分かりにくいですね。
msp7.jpg
グシオンチョッパー。

グシオン用の鉈。
マンロディにあったハンマーチョッパーより純粋な鉈ですね。

グシオンはもちろんマンロディにも装備可能。

msp8.jpg

グシオンのリアスカートにマウントも可能です。

msp9.jpg
ハルバード。
大型の戦斧です。
柄が長く、両手で構えられます。

グシオンの腕の袖にひっかかりやすいですが、見た目ほど重くもなく、安定して持てます。

msp10.jpg

柄は差し替えでショートアックスにすることも可能。

この状態でもけっこうでかいです。

ハルバード用のマウントパーツも付属しますが、グシオンには付けられず、1月発売のHGに取り付けられるようです。
msp11.jpg

グシオンアックス。
ハルバード同様大型の戦斧。
先端にハンマーが付いてます。

msp12.jpg

こちらはハルバードのように柄の長さは変えられませんが、差し替えでハンマーを展開してモーニングスターにすることが可能。

このチェーンの部分は一体成形ではなく、最初からチェーンとして繋がれている状態でランナーに成形されてました。
なのでこの時点でジャラジャラしてます。
今回一番すごいと思った部分。



セット内容は以上です。

では、グシオンに装備させてちょっとアクション。

msp13.jpg
msp14.jpg

msp15.jpg

グシオンはパワータイプなのでこうした重量武器との相性がぴったりですね。

msp16.jpg
以上、HG MSオプションセット3&ギャラルホルンモビルワーカーでした。

もう見るからにグシオン用の武器セットです。
大型のアックスなんてもう最高ですね。
グシオンを持ってる人はぜひ購入して欲しいところ。
一番すごいと思ったのはグシオンアックスのモーニングスター。チェーン部分が非可動なのかと思いきやしっかり動くように成形されていて驚きました。しかしプラスチックがやっぱり柔らかいので、切り出す際のゲート処理などは丁寧に行いましょう。
力加減間違えると白化しやすいです。

ハルバードやチョッパーは手首のサイズ的にバルバトスにも装備させようとすればできなくもありません。
銃火機が無くややボリューム不足かと思いきや、アックスとハルバードの大きさのおかげで今回も充実した武器セットでした。
こうした大型武器は好きなのでこういうのは大歓迎ですね。

欠点はやっぱり成形色で、パッケージ写真の塗装と素組みの差が激しくてちょっとがっかり。
せめてグシオンアックスの成形色は百里のミサイルランチャーと同じ成形色でやってほしかった・・・。
まあアックス自体はそこまで複雑な構造をした武器ではないので、シルバー塗るだけでもだいぶ変わると思います。

面倒な人は刃部分だけでもシルバーで部分塗装するだけでいいかもしれません。

塗装で面倒なのは相変わらずモビルワーカーですね。

調色がまた面倒なカラーですが、このサイズで塗り分けるところが多いので筆塗装の方がやりやすいかもです。


それではまた〜。







関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック