ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

HG ガンダムグシオンリベイク

2016.01.31 (Sun)
gbk1
皆さんこんばんわ。

本日は鉄血のオルフェンズから、HG ガンダムグシオンリベイクです。
ブルワーズとの戦闘を経て鉄華団の手に渡ったガンダムグシオンがテイワズに改修されて生まれ変わった姿がHGで登場。 

本体はグシオンのガンダムフレームから一部バルバトスと似たフレームになっておりますが、グシオンともバルバトスとほぼ同じパーツではなく、ランナーも完全新規でした。

今回は素組み+スミ入れ+シール+つや消しの簡単仕上げです。

では、続きからどうぞ〜。
gbk2
正面。
グシオンに比べてだいぶスリムになってます。
一部バルバトスのパーツも使われているためか、足と胴体にバルバトスと似た部分が見受けられますね。

gbk3

後ろ。
バックパックと腰のリアアーマーには改修前のグシオンの名残がありますね。

どちらも新規パーツですが。


gbk4
gbk5
頭部は通常モードと照準モードの2種類が付属します。

それぞれ付けてくれるとはありがたいですね。

gbk6

ロングレンジライフル。

リベイクの標準装備。
グレイズのライフルが改造されて大型化。
遠距離射撃も可能になりました。
両手で持たせることは可能ですが、フォアグリップが可動しないのでイマイチ。

gbk7
シールド。
改修前のグシオンの背部装甲がそのままシールドになりました。
収納時は腰部背面のリアスカートとなります。
グリップが差し替えられるので腕に装備可能。

向きも差し替えで変えられるので可動範囲に問題はないものの、シールドそのものが重たいので持たせた腕がへたりやすいです。

gbk8
サブアーム。
いわゆる隠し腕。

グレイズの腕をそのまま流用しているので形状もグレイズとほぼ同じですが、実は新規造形。
当然武器を装備させることが可能です。

オプションとギミックは以上です。
では、ちょいとアクション。

gbk9
当然オプションセット3の武装が装備可能でした。

gbk10

スリムになった分射撃ポーズが取りやすいですね。

gbk11
gbk12
ハルバートやグシオンアックスの両手持ちも可能です。

gbk13

ライフルもカッコ良く構えられますね。

gbk14
改修前のグシオンからハンマーも装備可能でした。
袖が邪魔にならない分こちらの方が持たせやすいかも。

gbk15
以上、HG ガンダムグシオンリベイクでした。

改修前と違って大分スリムになり、ギミックも大きく変化しました。
頭部も2種それぞれ付属しサブアームにも武器が装備可能と、遊び要素満載。

MSオプションセット3があれば改修前のグシオンのようなパワフルさも楽しめます。

可動範囲も申し分なく、楽しめたHGでした。
武器に関してはライフルのグリップを可動するようにして欲しかったかなと。照準モードでの狙撃ポーズが取りづらい・・・。

組み立てる際の注意点ですが、このHG、これまでと違ってシールをフルに使っても色分けが追いついてません。
素組みメインの方には少々物足りない印象。

リアスカート兼シールドはグシオンの頃は色分けされていた部分ですが、リベイクでは色分けされてません。
成形色で色分けされてる部分が少ないため部分塗装必須個所が非常に多いです。
色的に白が乗りにくいので、白いとこを部分塗装する際はマーカーよりも筆で塗装した方が良いかと思われます。

部分塗装の難易度は顔以外比較的優しいものの、取り組むにあたってやや骨が折れました。
でもこのグシオンリベイクは部分塗装に挑戦するには丁度いいHGだと思います。

それではまた〜。


関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック