ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

HG MSオプションセット4&ユニオンモビルワーカー 

2016.02.19 (Fri)
wpf1.jpg

みなさんこんばんわ。
本日はHG MSオプションセット4&ユニオンモビルワーカー です。

鉄血のオルフェンズシリーズのオプションセットも早いものでもう第4弾です。
MSオプションセット4はバトルブレード、キマリス用のブースターに加え、劇中で鉄華団が運んでいたユニオンモビルワーカーのセットです。

では、続きからどうぞ〜。
wpf2.jpg
今回のセットはキマリスブースター、バトルブレード、ユニオンモビルワーカーです。

成形色はキマリスブースターに合わせたものとなっているので、単色成形ですね。

wpf3.jpg
wpf4.jpg

ユニオンモビルワーカー。
過去シリーズからの流用部分は無く新規造形。

脚部は可動しません。

主砲部分は非常に折れやすいのでランナーから切り出す際は気をつけましょう。

白化しやすいです。

wpf5.jpg
ギャラルホルンモビルワーカーと。
ギャラルホルン用が元々大きめなこともありますが、CGSのモビルワーカーと比較しても小さめな印象。


wpf6.jpg
wpf7.jpg

キマリスブースター。
このセットにおけるメイン装備ですね。
当然キマリスに装着可能です。(私はまだキマリスを購入してないのでお見せできませんが)

wpf8.jpg
ブースターはスラスターまで可動。
バーニアが取れやすいので気になる人は接着などをした方がいいと思います。

wpf9.jpg

キマリスブースターと名前からキマリスしか装備できないように思えますが、実はガンダムタイプのフレームなら装備可能だったりします(ただし緑のグシオンには不可)。

画像はグシオンリベイクに装備させてますが、ぴったり取り付け可能です。

色がまったくマッチしてませんが、ガンプラならではの楽しみ方ができますね。

wpf10.jpg


バトルブレード。
グレイズ用の近接武器。

長さはバルバトスの太刀よりすこし刀身が短くて柄が長く、持ちやすくなってます。

wpf11.jpg
グレイズにも装備できますが、ガンダムタイプでも装備できるのでこちらの方が使い勝手は良さそうです。
wpf12.jpg


以上、MSオプションセット4&ユニオンモビルワーカーでした。

MSオプションセットもこれで4つめ。モビルワーカーが増えてくのが嬉しい。

1では滑空砲にシールド、ランス、2ではミサイルランチャーやグレネードランチャー、3ではハルバートとアックスでしたが、4ではブースターとブレードですね。
これまでに比べると特筆すべきことも無く、無難な印象でした。バズーカなども付属しているオプションセット2を買っているとこのセットがショボく見えるかもしれません。

成形色がメインウェポン優先になりがちなので、ブレードの色もすみれ色。
ここはちょっと色分けして欲しかったかなと思いました。
せめてグシオンアックスみたいな色でも良かったかなと。

素組みでグレイズに持たせると成形色の関係でミスマッチ感が拭えないので、ブレードだけでも塗装しておくと充分印象が変わると思います。


それではまた〜





関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック