ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

ミニプラ 動物合体シリーズ01 ジュウオウキング

2016.02.25 (Thu)

みなさんこんばんわ。
本日は「動物戦隊ジュウオウジャー」から、ミニプラ 動物合体シリーズ ジュウオウキングです。

新しく始まった新戦隊のロボがミニプラで早くも登場。

シリーズ第1弾は4体のジュウオウキューブがラインナップされており、うち3つを集めることでジュウオウキング、4つで武装まで再現できます。

では、つづきからどうぞ〜。
jo2.jpg
jo3.jpg
キューブイーグル。

キューブイーグルはA・Bパーツと別々に別れており、セットで買わないと完成しません。
そして完成にはジュウオウシャークのパーツも必要になります。

キューブモードはシールでしっかり番号が分かるようになっておりました。

jo4.jpg
jo5.jpg

動物モード。
羽を展開し鷲の顔を展開することで動物モードへ。

シール以外にも多色成形なのでカラフルですね。


jo6.jpg
キューブイーグルのBパーツにはジュウオウキング用の頭部パーツが付属。
小さいサイズですが、キングソードもしっかり収納できるようになっていました。

jo7.jpg
jo8.jpg

キューブシャーク。
キューブモード。
2つ目の青いジュウオウキューブですね。

こちらも番号がシールで分かるようになっております。

こちらにはキューブイーグル用のパーツが付属しておりますが、キューブシャークの完成にはキューブライオンのパーツが必要になりますので注意。

jo9.jpg
jo10.jpg
動物モード。
名前の通りサメに変形。

それとなく船や潜水艦っぽいデザインをしているのが面白いですね。


jo11.jpg
jo12.jpg
キューブライオン。
3番目のジュウオウキューブ。
こちらもわかりやすく番号がシールで再現されてます。
しかし他のキューブと違って番号のモールドが無いのでシールのみでの再現。

イーグルやシャークと違いこちらは1体のみで完成。
キューブシャーク用のパーツが付属します。
jo13.jpg
jo14.jpg
動物モード。
名前の通りライオンに変形。
鬣やキバまで色分けされています。
jo17.jpg
キューブキリン。
一足早く武装ロボがラインナップ。
武装パーツ扱いのため他のキューブに比べて小さく、番号がありません。
小さいながらもしっかりキューブになります。

jo15.jpg

jo16.jpg
動物モード。
小さいですがしっかりキリンっぽくなっております。
他には大きめのキングソードが付属。


今回のミニプラ以上です。
それでは、合体!



jo18.jpg
jo19.jpg

完成!ジュウオウキング!
jo20.jpg
jo21.jpg

イーグル、シャーク、ライオンそれぞれのキューブを合体させることでジュウオウキングが完成。
上から赤、青、黄色となっているので見た目がカラフルですね。
どこか遺跡っぽいデザインに見えます。

jo22.jpg
顔部分が位置的に暗く見づらいですが、回転して顔が出現するギミックもしっかり再現。

jo23.jpg
jo24.jpg

キングソードはイーグルに付属したものとキリンに付属したものがそれぞれ装備可能。

jo25.jpg
シュリケンジンと比較。
シュリケンジンの派手さに比べて、ジュウオウキングは3体合体のためかスマートにまとまってます。

サイズもジュウオウキングの方が小さめですね。

jo26.jpg
可動範囲はだいぶ広め。
手首が回らないものの剣を構えるには充分です。

jo27.jpg
キューブキリンを変形させてキリンバズーカを装備。

キリンの武装ロボは槍とかになりそうだと思っていたのですが、今回の戦隊ではバズーカみたいですね。

jo28.jpg
エフェクト加工でビーム発射っぽくしてみる。

jo29.jpg

以上、ミニプラ 動物合体シリーズ01 ジュウオウキングでした。
コレまでに比べるとサイズがやや小さめですが、多色成形がうまく活かされておりカラフルな仕上がりが楽しめます。
武装パーツまで一足先に来てたのは驚きました。

しかし、1個ずつ買ってもパーツが微妙に足りずキューブ完成まで後一歩というところで止まるため、完成にはコンプリート必須というのが少々キツいですね。全部揃えないと単体でのギミックも楽しみづらい点がややマイナス。
キューブ形態が出来なくてもいいやって方には値段的にもファイティングアクションを買った方がお財布にも優しいかと思います。

今回のミニプラは合体と可動の両立がうまくバランスとれているのがすごいですね。
この色分けと接地性の高さにはビックリ。合体後の余剰パーツがほぼ出ない点も素晴らしい。

次弾は4月登場予定らしいのでそちらも楽しみに待ちましょう。
それではまた〜。






関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック