ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

ミニプラ 動物合体シリーズ02 ジュウオウワイルド

2016.05.21 (Sat)

みなさんこんばんわ。
本日はミニプラ 動物合体シリーズより、ジュウオウワイルドです。
動物戦隊ジュウオウジャーの2号ロボのミニプラが発売。

今回はキューブゴリラ(A・Bパーツ)、キューブタイガー、キューブエレファント、キューブモグラの全5種の揃えることでジュウオウワイルドへの合体ギミックが楽しめるようになっております。

では、続きからどうぞ〜。
jwd4.jpg
jwd2.jpg
jwd3.jpg
キューブゴリラ。キューブのナンバーは6。
完成にはA/Bパーツと2種揃えることが必要です。
その分色分けや銀ピカシール多めです。

jwd5.jpg
動物モード。

jwd6.jpg
jwd7.jpg
背中のビッグワイルドキャノンは左右の肩に装備可能。

四角い体型ながらもゴリラらしいポーズができます。

jwd8.jpg
キューブエレファント。キューブのナンバーは4。
よく見ると顔の右側に4の数字がありますね。

jwd9.jpg
jwd10.jpg
動物モード。

変形すると像の特徴的な長い鼻が展開。
少しだけ可動します。
成形色の蛍光グリーンが綺麗です。

jwd12.jpg
jwd11.jpg
キューブタイガー。
キューブのナンバーは5。

合体時に腰部分を担当するため他のキューブよりパーツが多め。

ほぼ白がメインの成形色ですが、トラの縞模様の色分けが綺麗。

jwd13.jpg
jwd14.jpg
動物モード。

展開されるトラの頭がちょっとかわいい。


jwd15.jpg

キューブモグラ。
ジュウオウキングにもあったキューブキリンと同じタイプの武器に変形するジュウオウキューブ。

モグラなのでドリルに変形します。
jwd16.jpg
jwd17.jpg
動物モード。

変形するとモグラになります。
頭の色とデザインが工事現場の安全ヘルメットみたいになってるのが面白いですね。

それでは、動物合体!

jwd18.jpg
ジュウオウワイルド!

jwd19.jpg
jwd20.jpg
キューブゴリラ、キューブタイガー、キューブエレファントを合体させることでジュウオウワイルドが完成。


jwd21.jpg

キャノン内部に収納されていた頭部を展開することで顔が出現。
左右に少しだけ可動します。

顔がバイザーなのもいいですね。

jwd22.jpg

右手にはワイルドキャノンを装備。

jwd23.jpg
可動範囲もそこそこあるので構えることも可能。
jwd24.jpg
ジュウオウキングと。
どちらも身長差ありませんね。

二人並べるとすごいカラフルな光景になります。

jwd25.jpg

キューブモグラ装備。

キリンと同様に変形させて手にそのまま装備できます。

jwd26.jpg
jwd27.jpg

故にキューブキリンも装備可能。
逆にジュウオウキングもモグラを装備可能です。


jwd28.jpg


ちなみにジュウオウキューブは積み重ねての連結ができましたが、今回はジュウオウゴリラは縦に連結することは出来ませんでした。

さて、ではワイルドジュウオウキングに動物合体!

jwd29.jpg
jwd30.jpg
ワイルドジュウオウキング

8体のジュウオウキューブが合体したジュウオウキングの強化形態。

全高約20cmと、ジュウオウキングの時よりも大きくなります。

昨年のキングシュリケンジンもだいぶ大きかったですが、ワイルドジュウオウキングはこのサイズで接地性を損なっていませんでした。

jwd31.jpg
合体の都合上頭部が全く動きませんが、シルエットの印象が大きく変わっていますね。

シールのおかげでキラキラが倍増しています。

jwd32.jpg

手はあまり動きませんがキングソードを装備可能。

jwd33.jpg


以上、ミニプラ ジュウオウワイルドでした。

変形と可動の両立が値段相応にできているのはさすがですね。
ビッグワイルドキャノンの中に頭部が収納されていたのは驚きでした。
シールもメタリックなので色分けと相まって豪華さがうまく出ていました。

ジュウオウキングと同じように全部揃える必要があるものの、単体での遊びやすさはこちらの方がラインナップ的には良いかなと。
しかし全部揃えると2000円近くかかってしまうので揃えるのはちょっと大変かもしれません。
ワイルドジュウオウキングまで集めるとなるとジュウオウキングまで揃えないといけないですしね。

それでも集めた苦労が報われる出来の良さでした。
ワイルドジュウオウキングでけっこうな大きさになったので3号ロボが登場するときにどうなるのか楽しみです。
それではまた〜。




関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック