ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

S.H.Figuarts 真骨彫 :仮面ライダーガタック ライダーフォーム

2016.09.25 (Sun)

みなさんこんばんわ。

本日はプレバンから、SHF 真骨彫 仮面ライダーガタックです。
真骨彫カブトに続き魂ネイションや魂の夏コレなどで展示されていたガタックが商品化。

似てないと言われていた初期のSHF 仮面ライダーガタックから数年経ち、カブト同様TV本編から出て来たかのような出来でした。

では、続きからどうぞ〜。

kgm2.jpg
kgm5.jpg
kgm6.jpg
全体。
メタリックブルーが綺麗ですね。

ガタックダブルカリバーはZECTのマークまで再現されています。
劇中通り肩に装備できますがけっこう固いのでうっかり折らないよう注意。
kgm3.jpg
kgm4.jpg
ガタックゼクターは旧SHFでは一部省略されていた塗装も真骨彫では塗装済み。

ホーンは非可動ですが差し替えでホーンを閉じたライダーキック待機状態まで再現可能です。

kgm7.jpg

旧SHF と比較。
旧版は買ってから数年経っているのでやや退色してますが、真骨彫の方が青が濃く塗装されていますね。

こうして並べて見ると技術の進化が一目瞭然です。

kgm8.jpg

ガタックダブルカリバーも旧SHFと比較。
こちらもサイズ差がすごいですね。
旧SHF版も装着変身と比べるとやや大型化されてたような気がしますが、真骨彫では更に大きくなってます。
では、ちょいとアクション。

kgm9.jpg
kgm10.jpg
kgm11.jpg

武器用の持ち手に可動軸が追加されているので初クロックアップ時のポーズが再現できました。
カブトにはこのタイプの持ち手が無かったのでありがたい。

kgm12.jpg
カリバーは合体させてライダーカッティングの再現が可能。

kgm13.jpg
kgm14.jpg

COR ガタックエクステンダーに乗せてみる。

真骨彫にはバイク用持ち手がありますがCORシリーズのバイクは基本でかいので真骨彫でも乗れなくは無いですがグリップが太いのでハンドルが握れません。
なので平手でごまかしてます。

乗せるのであればエクスモードの方が良いですね。


kgm15.jpg

1.2.3

kgm16.jpg


ライダーキック

kgm17.jpg
RIDER KICK


kgm18.jpg
ガタックのライダーキックは飛び回し蹴りで今も好きなライダーキックの一つです。

kgm19.jpg
最後にカブトと。
この二人のやりとりは見てて楽しかったなぁ(ステーキのどんのCMとか番組終了後のコントが面白かった)。

以上 SHF 真骨彫 仮面ライダーガタックでした。

旧SHF版で不満だったゼクターの再現度や顔の造形などが改善されていたので造形、塗装ともに文句無しの完成度でした。
可動範囲はカブトと同じですが、オプションハンドの種類がカブトより少ないのが気になりましたが、十分だと思います。でもカブトにはオプションハンドをまとめておけるブロックがあって便利だったのですが、ガタックではそれが無くてそこだけちょっと残念だったかな。


今でも戦いの神(笑)とか爆死ソングとか言われることがありますが好きなサブライダーが一番良い出来ですごく嬉しいです。

旧SHF版は私が初めて買ったSHFで愛着もあり今回の真骨彫は即ポチでした。

次の真骨彫はダークカブトがネイション限定らしいですが、地獄兄弟とかも真骨彫化して欲しいなぁ・・・。

それではまた〜。


関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック