ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

「心の叫びを聞け!」S.H.Figuarts: 仮面ライダーネクロム

2016.12.15 (Thu)

みなさんこんばんわ。

今回はプレバンより、SHF 仮面ライダーネクロムです。

「仮面ライダーゴースト」に登場するアランが変身する仮面ライダー。

スペクターとゴーストは一般販売でしたがネクロムは通販限定での発売となりました。

SHFの出来はこれまでのSHF仮面ライダーゴーストシリーズ同様の出来でした。

では、続きからどうぞ〜。
nkr2.jpg
nkr3.jpg
全体。
緑色でどこか禍々しい雰囲気を漂わせるデザインですね。

ゴーストやスペクターは素体が黒いのですがネクロムは素体が白になっています。

nkr4.jpg
胸の紋章や顔の造形はプリントではなくしっかり掘り起こされています。

クリアパーツも綺麗。


nkr5.jpg
ゴースト定番のパーカーのフードは着脱可能。
外した頭部パーツが小さいので失くさないようにしましょう。

nkr6.jpg
メガウルオウダー。
眼魂は着脱不可能ですがクリアパーツなど細部まで作り込まれており、差し替えで起こすことが可能。

外すときは落とさないよう注意。

nkr7.jpg
メガウルオウダーに手が届くかというとちょっと厳しい。
パーカーの袖がある程度改善されているもののそれでもギリギリですね。

では、ちょいとアクション。

nkr8.jpg

デストロイ!ダイテンガン!

nkr9.jpg
nkr10.jpg
ネクロム!オメガウルオウド!



nkr11.jpg

ゴーストやスペクターと。

これで主役が揃い踏みです。

nkr12.jpg

以上、仮面ライダーネクロムでした。

オプションハンドは平手のみというシンプルな構成でしたが、顔やメガウルオウダーの出来の良さはピカイチ。
しかしゴーストのSHFは基本的にパーカーが干渉して腕回りの可動範囲が非常に窮屈なため見た目は良くても肝心のポージングがしにくい点はネクロムでも同じでした。
ネクロムは袖がある程度広くなっているので改善はされているもののそれでもけっこうギリギリなので必殺技発動時のメガウルオウダーを押すポーズがやりづらかったです。

受注時期の関係でガンガンキャッチャーが付属しないのは何となくわかっていたのでサンゾウ魂やグリム魂のどちらかがSHF化される時に付けて欲しいですね。


ネクロムとスペクターはVシネマ化が決定したらしいのでそちらも楽しみですね。

平成ジェネレーションズも見て来たので近いうちにそちらの感想も書いておきたいと思います。

それではまた〜。
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック