ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

仮面ライダー平成ジェネレーションズ見てきました。

2016.12.17 (Sat)

みなさんこんばんわ。

今回は映画「仮面ライダー平成ジェネレーションズDr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー」を見てましたので珍しく映画の感想記事を書きます。


今回は控えめに書きますが一部ネタバレを含めているのでこれから見るつもりの人やまだ見てない人は即刻ブラウザバック推奨です。

では、続きからどうぞ〜。

昨年Movie大戦ジェネシスを見て不完全燃焼だった私。実はあまり期待していなかったのですが今回は良い意味で期待を裏切られました。

一言で言えばファンサ−ビスとアクションに溢れた映画です。

監督が監督なので「この人の見せ方は食傷気味に感じる」という人もいらっしゃるとは思いますが、ゴースト側とエグゼイド側で双方ともにキャラが立っていたかなと思いました。

タケルもちゃんと命について答えを出していましたし、永夢の患者に寄り添う優しい医者っぷりもそれとなく感じられました(飛彩や闇医者さんのが医者らしいシーンあったけど)。


サブライダーの活躍もマコト兄ちゃんとアランはどこからともなくやってきての参戦でしたがネクロムもスペクターも眼魂をフルに使っていてすごく見てて楽しかったですね。
スナイプやレーザーも遠慮なくLV3を使ってくれてたり、ブレイブのlv3のドレミファビートもかっこ良かったですハイ。

巨大戦はムービー大戦だと普段は最後の締めなのですが今回は中盤の見せ場として展開されましたね。

巨大パックマンに笑ったけど、エグゼイドのゴーストガシャットはなかなかかっこよかった。

戦闘シーンも元ネタのパックマンを意識したCG演出もよかったですね。



ストーリー展開では過去のライダーも関わってきたのはびっくりでした。
ジェネシスで共演した仮面ライダードライブこと泊進ノ介も登場した時は胸が熱くなりましたw

鎧武は中の人の都合的に同時変身は見れませんでしたが、今回の登場の仕方もそうだしベルトさんを地下まで直接行って持って来てくれるとか紘汰さんらしいなw

ウィザードは相変わらず魔法使いしてて懐かしかったですね。あのやかましいベルト音声がまた聞けて嬉しいw

生身のアクションですごかったのは今回敵幹部の人たちですね。格闘技で有名な人などを起用するのは前からありましたが今回は太極拳の使い手の二人がすごかったです。


クライマックスでは各ライダー達がそれぞれの幹部と戦うのですがこれがまたすごい。

フォームチェンジを駆使しての応戦がかっこいいんですよこれが。
ウィザードもインフィニティまで使ってくれましたし、鎧武はアームズチェンジでパインやバナナ、カチドキと極と見せてくれました。

ドライブもタイプトライドロンまで見せるというサービスっぷりでよかったですねえ。

ゴーストも眼魂を駆使して戦いますが本編で強かったムゲンが押し負けたのはちょっと意外。テンカトウイツ魂の登場はややいきなりすぎにも感じましたがそういえばノブナガと会話って本編でもあまりやってなかった気がしたのであのタイミングでやるしかなかったのかなと。

クライマックスでの挿入歌が流れ、それぞれ必殺技を決めてくれたのもよかったですね。


エグゼイドのダブルアクションゲーマーがスーパー○リオブラザーズみたいでちょっと笑ってしまいましたが、さすが映画限定フォームで、かっこよく動いてくれます。

戦闘後にタケルが疲労困憊で倒れて心肺停止しますが、あれ永夢が側にいなかったらほんとに危なかったなぁ・・・。

エンディングでは各ライダーたちのその後も書かれ、進ノ介はどうやら霧子との間に無事子供が生まれるようですね。

そして晴人はドーナツを相変わらずうまそうに食べるなぁw

紘汰さんは後ろ姿だけでした。


とまあ印象に残ってたことは以上です。
劇中の永夢が最初のバグスター患者(?)であるという事実が今後本編でどう生きるのか楽しみになってきましたね。

仮面ライダーゴーストのラスト、そしてエグゼイドの盛り上げにふさわしい映画でした。


それではまた〜。

gene2.jpg





関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック