ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

ミニプラ 動物合体シリーズ05 ドデカイオー 

2016.12.23 (Fri)

みなさんこんばんわ。
本日はミニプラ ドデカイオーです。

ジュウオウジャーの4号ロボにあたるドデカイオーがミニプラで登場。
発売したのはだいぶ前ですがミニプラ史上でも驚きの大ボリュームとなっています。

このドデカイオーはキューブホエールA・B・C・D・E・Fの6種から構成されています。
今回もそれらを集めて組み立てた状態でのレビューです。
では、続きからどうぞ〜。
mdo2.jpg
mdo3.jpg
キューブモード。
この状態でもかなりデカいです。

シールはメタリックですがパーツ数が多いので成形色の色分けもすごい。

mdo4.jpg
mdo5.jpg
動物モード。
鯨なだけあって尻尾が展開されるとさらにシルエットが大きくなります。

髭は色分けではなくシールですが、ディテールはしっかり再現されていました。
車輪が付いているので転がし走行が可能。
てか赤くて鯨ってまるで某スナック菓子のアイツみたいなカラーリングですね。


mdo6.jpg
mdo7.jpg
ドデカイオー。
腕と足、頭部を展開して立たせることでドデカイオーに変形。
この時点で全高20cm近くもあり、トウサイジュウオーよりも大きいです。

しかし合体ギミックの都合上可動範囲は肘や腕がちょっと動く程度です。
mdo8.jpg
頭部のフェイスもシールで再現。

剥がれないように綺麗に貼りましょう。

mdo9.jpg
右手にはカイオースピアが装備可能。
もちろん左手にも装備できます。

では、合体させて見ましょう。

動物全合体!!

mdo10.jpg
mdo11.jpg
完成!ワイルドトウサイドデカキング!
mdo12.jpg
mdo13.jpg
mdo14.jpg

これまで発売されたミニプラ ジュウオウキング、ジュウオウワイルド、トウサイジュウオー、キューブクマ、キューブコウモリ、キューブモグラ、キューブキリンを合体させることでワイルドトウサイドデカキングが完成します。
mdo15.jpg

ホエールの大きさも相まってそのサイズは約30cm。
ハイパーレッシャテイオーやライオンハオー、ゴーバスターキングと並ぶくらいの質量と大きさですね。
こちらの顔もシールで再現。
ここも丁寧に貼りましょう。
そして足は専用ジョイントで合体させているのでジョイントパーツを失くさないようにしましょう。

mdo16.jpg

バランス悪くなりますがビッグキングソードをキューブキリンに取り付けて装備させることも出来なくもありません。

重たくなるのでオススメはできませんが。

mdo17.jpg

以上、ミニプラ ドデカイオーでした。
数あるだけあって食玩とは思えないレベルの多色成形と合体ギミック、専用のジョイントでの再現はさすがでした。

とはいえキューブホエール自体が大型なのでトウサイジュウオー以上に集めるのも組み立てるのもちょっと大変。
合体前にも合体後にも余剰パーツが出て来るのでパーツを失くさないように管理に注意しましょう。

動物全合体のボリュームはこれまで集めた苦労がまさに報われる大きさでした。
もちろんキューブホエールを揃えるだけでも十分楽しめますよ。

現在はミニプラ キューブオクトパスが発売しておりますが私は買いのがしちゃったのでそっちのレビューはまだ先になりそうです。

それではまた〜。


関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック