ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

HG ガンダムフラウロス(流星号)

2016.12.26 (Mon)

みなさんこんばんわ。
本日はHG ガンダムフラウロスこと流星号です。


「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場するノルバ・シノの新たな愛機。

火星で発掘されたガンダムが彼の専用カラーでHG化。

HGはガンダムフレームですが、オルフェンズのHGでは初の変形機構を持つガンダムです。

今回は素組み+シール+スミ入れ+部分塗装で仕上げています。

では続きからどうぞ〜。
inp2.jpg
inp4.jpg
inp3.jpg
全体。
発掘時は確か白かったような気がしますが、シノが乗ると決まった途端派手なピンク色に。


背中のレールガンはガンダムマーカーのルナマリアピンクで部分塗装してみましたがちょっと薄かったですね・・・。
inp5.jpg
頭部アンテナには流星号の特徴的な眼がシールで再現。
シールは余白が多いので眼の部分だけカットして貼ってもいいかもですね。

inp6.jpg
inp7.jpg
武装は背部レールガンと専用サブマシンガンのみ。
inp8.jpg

どちらも前方に展開可能です。
inp7.jpg

マシンガンは外して手に持つことも可能。
こっちのが構えやすいですね。

inp9.jpg
inp10.jpg
砲撃モード。
バクゥやガイアガンダムみたいな変形かと思いきやまさかの砲撃形態。
レールガンをリアクターに繋げた発射形態も再現。


ギミック、オプションは以上です。
ではちょっとアクション。

inp11.jpg
アクションベースに対応しているので現在展開中のキャンペーンで配布されたベースも使えます。

inp12.jpg
inp13.jpg

専用マシンガンだけでなくMSオプションセットの武器も一部装備可能。
メイスやライフルのようなものであれば装備可能です。

腕のアーマーがちょっと邪魔なので大きい武器は持たせにくい。

inp14.jpg
劇中のレールガン発射シーンは必見でしたね。

inp15.jpg
以上、HG ガンダムフラウロスでした。
オルフェンズでは珍しく銃火機がメイン武器のガンダム。
色分けも程よくされており、シールでも劇中に近い仕上がりになります。
フェイスパーツの色分けまで出来たのはさすがですね。
レールガンを部分塗装する際はピンク部分の調色がめんどくさそうですが。

武装も複雑な造りではないので組み立てやすいHGだったと思います。
ただ肩アーマーが思ったよりゴツくて肩の可動がやや窮屈でした。

フラウロスは劇中でもまだ登場したばかりなので今後の4代目流星号としての活躍が楽しみですね。

それではまた〜。

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック