ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

魂EFECT WIND GREEN Ver.

2017.01.19 (Thu)

みなさんこんばんわ。

本日は魂EFECT WIND GREEN Ver.です。

昨年に発売された魂エフェクトシリーズの新作。風をテーマにしたものとなっております。
では、続きからどうぞ〜。

tew2.jpg
tew3.jpg
tew4.jpg
今回も例の如く大、中、小とサイズ別に組み合わせての構成。
小型のA・B・Cパーツ、中心を担う大型のFパーツ、足下に置けるD・Eパーツとなっております。

小型のパーツには本体エフェクトと接続用の支柱が付属。

どれもエフェクトの中では大きめです。
ではさっそく使ってみましょう。

tew5.jpg

大型のFパーツはサイズが合えばフィギュアを中心に置いてディスプレイが可能。
周囲に風が巻き起こっているようなディスプレイが楽しめます。
tew7.jpg
今回のエフェクトは全て魂ステージの支柱に対応しているので横にして飛行ポーズも楽しめます。
写真で使っているのはキューブコンドル。
tew8.jpg

漫画とかでよくある錐揉み回転しながら吹っ飛ぶアレ。

tew6.jpg

D/Eパーツも支柱が使えるので、このようにメリハリを効かせることもできました。
風というか斬撃エフェクトみたいにもできますね。

tew9.jpg
小型のA〜Cのエフェクトも対応しているので武器を振り回すアクションなどに似合いそうです。



以上、魂EFECT WIND GREEN Ver.でした。

真骨彫Wとほぼ同じ時期に発売されましたが、今までのエフェクトの中でも特に使いエフェクトですね。
サイズも大きく、そして全てのエフェクトに魂ステージの支柱が使えるのでポーズに合わせやすいです。

ただ注意点は風であるが故に刺々しい造形をしているので細い部分にひっかけたりバランスを崩して一部欠損するといったことがないように気をつけましょう。

発売されているのは緑と紫のみですが、このエフェクトだったらもっとカラーバリエーション出せると思うなぁ。



それではまた〜。




関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック