ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

M.S.G(モデリングサポートグッズシリーズ) へヴィウェポンユニット ビーストマスターソード

2017.02.18 (Sat)

みなさんこんばんわ。

本日はM.S.G. ヘヴィウェポンユニット ビーストマスターソードです。
以前紹介したグラインドサークルと違って電動ギミックはありませんが、蛇剣のように展開できる長剣とシールド、オリジナルのヘッドパーツがセットになっております。

では、続きからどうぞ〜
hbs2.jpg
hbs3.jpg

ビーストマスターソード。

大型の長剣。
通常状態と解放状態がそれぞれ付属。

解放状態は蛇剣のように刃が展開され、リード線で向きが変えられます。

どちらも軽いので持たせやすいです。

hbs5.jpg
hbs6.jpg
ビーストヘッド。
獣をイメージしたオリジナルヘッドパーツ。

ロボットフェイスが2種付属し、選んで取り付けられます。
hbs4.jpg
ロボフェイスを付けず、そのまま動物の顔にすることも可能。
ライオンのような鬣を付けることもできます。

hbs7.jpg
シールド。

そこまで大きくはありませんが、通常状態のビーストマスターソードを収納可能です。

3mmジョイントがあるのでサイズに合わせて他のシリーズからカスタマイズが可能ですね。

hbs8.jpg
hbs9.jpg
シールドには先ほどのビーストヘッドを装着可能。

hbs10.jpg

シールド裏にも3mmジョイントが設けられており、付属のグリップパーツで手に持つことが可能です。
では早速装備させてみましょう。
hbs11.jpg
グリップを使わなくてもジョイントのサイズが合えば腕などにそのまま装着可能。

ガンプラでも装備できました。

hbs12.jpg

画像はモックに持たせていますが、ガンプラでも装備可能。
ソード本体にも3mmジョイントがあるので手に持てない場合は腕に直接装着させてもいいかもしれません。

hbs13.jpg
解放状態はリード線で動かせるのが楽しいです。

以上、ヘヴィウェポンユニット ビーストマスターソードでした。

これでもかと男の子が好きなものが詰め込まれたセット。
こういう蛇剣みたいなの好きです。

通常と解放がそれぞれ用意されているのでブンドドが楽しい。
そしてビーストヘッドはロボフェイスが2種付属しており、勇者ロボみたいに胸に付けたりすることも可能。
これは改造が捗ります。

武装はFAやフレームアームズガールにはそのまま装備可能ですが、ガンプラなどにはちょっと持たせづらいかも。
ガンプラに至っては1/144シリーズに装備させるのはちょっと難しいかもです。

持てないわけではないのですが、HGシリーズの場合手首パーツにぎりぎり持てるくらいなので、形状によっては持てないものもあるかと思います。

しかしこのロマン武器は楽しいのでオススメです。


それではまた〜。




関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック