ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

S.H.Figuarts :ハードボイルダー

2017.04.27 (Thu)

みなさんこんばんわ。

本日はSHF ハードボイルダーです。
過去にハードルボイルダーは一度SHF化されていたのですが、真骨彫仮面ライダーW発売に合わせてこの度リメイクされ、魂ウェブ商店にて通販限定で展開されました。
つまりリメイク版ですね。

ディテールの省略や乗りづらさ等が指摘されていた過去のハードボイルダーですが、今回はその辺りをしっかり改善してくれていたと思います。

では、続きからどうぞ〜。

hd2.jpg
hd3.jpg
hd4.jpg
全体。
かつてのSHFハードボイルダーに比べてフロントがスリムになりました。旧SHFでディテールが省略されていたテールランプはクリアパーツで再現。

台座もクリアパーツ。


hd5.jpg
hd6.jpg

もちろんヘッドライトとシールドもクリアパーツで再現。
ヘッドライトは旧SHFで省略されていた内部まで作り直されている徹底ぶり。
昔は塗装で再現されていた部分もクリアパーツ化されているのは凄いですね。

ハンドル部分もメーターまで再現されています。

hd7.jpg
hd8.jpg

旧SHF(画像右)と比較。
旧SHFハードボイルダーから数年経っているので当然ですがディテールの差が一目瞭然。


旧ハードボイルダーが発売した当時はハードタービュラーとダッシュブーストユニットとの連動ギミックも兼ねていたので仕方ない部分もありましたが・・・。


ちなみに今回のリメイク版は後部のユニットは外せないみたいです。

hd9.jpg

さっそくWを乗せてみる。


hd10.jpg

昔は散々言われていたライディングポジションもほぼ自然にとれるように。
ステップに足が乗せられます。

hd11.jpg

車体の裏側には魂ステージ用の接続穴が。
ここに支柱をそのまま差し込むことでバイクスタントをさせてディスプレイできますね。

倒れないようにバランス注意です。


では、ちょいとアクション

hd12.jpg
hd13.jpg

真骨彫Wの手の保持力も高いおかげでバイクアクションが楽しいですね。

ウィリーや横滑りなどもできました。

hd14.jpg

以上、リメイク版SHF ハードボイルダーでした。

旧SHF ハードボイルダーで散々言われていた数々の欠点が改善。乗せる時のストレスもなく専用パーツを使わず支柱が差し込めるのもグッド。

ディテールの多くが見直されていたのはさすがですね。

旧版と違い他のユニットとの合体を気にしなくて良いからここまでできたのでしょう。
良いリメイクでした。

注意点はディスプレイ時の転倒に気をつけるくらいですね。
スカルボイルダーも出るんだろうなこれは・・・。

旧版はタービュラーやダッシュブーストユニットとの合体も考えた上でのあの仕様だったのでギミックを考えるとそこまで悪くないのですが、サイズ的にタービュラーはともかくせめてダッシュブーストユニットだけでも一般販売だったらもう少しダメージ少なかったのかもしれません・・・。


このリメイク版を機に今度こそハードスプラッシャーまで出て欲しいですね。

それではまた〜。







関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック