ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

figma 真島吾郎

2017.07.26 (Wed)
mjm1.jpg
皆さんこんばんわ

本日は「龍が如く」より、真島吾郎です。
このシリーズでもファンの多い真島の兄さんがまさかのfigma化。

では、続きからどうぞ〜。
mjm2.jpg
mjm3.jpg
全体。
革ジャケの模様や靴などの服装、顔の造形ともに桐生よりゲームに似てる印象。

ですが胸の刺青は再現されていませんでした。

mjm4.jpg
mjm5.jpg
mjm6.jpg
表情はキメ顔、叫び顔、狂気顔の3種。

どれも綺麗に作られていますね。

mjm7.jpg
mjm8.jpg
武器は鬼炎のドスとバットが付属。

どちらもゲーム中で使っていたものですね。

バットの塗装が意外と細かい。

mjm9.jpg
タバコ。

2つ付属しており、桐生に付属したものより塗装が追加されています。

専用持ち手で保持可能。

オプションは以上です。

以下ブンドド。

mjm12.jpg
mjm13.jpg

可動範囲は桐生よりちょっと動かしやすいくらい。
mjm10.jpg

でもバットの両手持ちがちょっと厳しくて出来ませんでした。
mjm11.jpg
それでも振り回すには十分な可動です。

mjm14.jpg
桐生ちゃんと。

mjm15.jpg
以上、figma 真島吾郎でした。

顔の造形は桐生ちゃんと比較してもこちらの方がまだゲームに忠実だと思います。
狂気顔の汎用性が高いので桐生ちゃんとは違う方向で遊べますね。
武器も作中で使っていたものが付属していたのもグッド。

唯一の欠点は真島の兄さんは服装的に胸の刺青が若干見えているのですが、それがfigmaで省略されてしまったのがちょっと残念だったかなと。

でも動かしてて楽しいキャラであることは間違いないのでオススメですw


figmaの龍がごとくシリーズは多分これ以降出ないのではないかと私は考えておりますが、できれば秋山さんとか出してくれたらいいなぁ。

それではまた〜。


関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック