ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

スーパーミニプラ 進化合体 大獣神

2017.07.30 (Sun)

みなさんこんばんわ。

本日はミニプラがまさに大人向けになった新シリーズから、大獣神です。
大獣神は「恐竜戦隊 ジュウレンジャー」に登場する5体の守護獣が合体、進化した姿。

玩具的に言えば1号ロボですが、作中では守護神として時に厳しくと機に優しくジュウレンジャーと幾多の戦いを共にしました。

ミニプラの出来は本当に食玩かと疑うレベルのクオリティ。合体、可動を両立させたすごいやつです。
ミニプラらしく全て集めることで合体ギミックが楽しめます。

では、続きからどうぞ〜。
djj33.jpg
djj32.jpg
守護獣ティラノザウルス。

ドラゴンシーザーとプロレスしたりと見た目通りのパワフルな戦い方をしてました。

頭部や尻尾の模様などはシールで再現。
シールは一部メタリック仕様となっております。

djj31.jpg
胸を開くことで合体時に外す頭部パーツとここに収納可能。

DX版とは若干違いますが親切ですね。

djj30.jpg
djj29.jpg
djj28.jpg
守護獣ジュウマンモス。

こちらもシールと色分けも多くできています。

胴体の色分けには驚きました。

djj27.jpg
djj26.jpg
守護獣トリケラトプス。

車輪は一部可動するので転がし走行が可能。
尻尾のキャノン砲も展開可能です。
djj25.jpg

合体時にはジョイントを展開します。
ちょっと固いので力の入れ過ぎに注意。

djj24.jpg
djj23.jpg
djj22.jpg

守護獣サーベルタイガー。
鼻まで色分けされてました。
djj21.jpg

こいつも合体時はこのようにジョイントを展開。

djj20.jpg
djj19.jpg
djj18.jpg
守護獣プテラノドン。
飛行シーンを再現できるように魂ステージの支柱が入る接続穴があります。

djj17.jpg
djj16.jpg
プテラノドンは大獣神の武器のゴッドホーンとキャノン砲がセットになっています。


djj16.jpg

キャノン砲はプテラノドンに装備可能。
当然ティラのサウルスにも装備できます。


では、合体!

djj15.jpg
ダイノタンカー。

5体の守護獣が合体した戦車のような形態。

djj14.jpg
djj13.jpg

5体集まって重くなっているので足と尻尾が重さに負けて曲がってますがこの時点でもなかなかの大きさ。

djj12.jpg

ジュウマンモスを合体させる際にティラノサウルスの胸パーツを外しますが、外したパーツはマンモスの裏側に収納可能です。
またまた親切設計。


djj11.jpg
djj10.jpg
djj9.jpg

大獣神。

ダイノタンカーからさらに変形することでようやく大獣神に。


ティラノの頭部パーツは胸に収納されています。

djj8.jpg
大獣神の頭部はフェイスパーツが塗装で再現されています。

左右の角は塗装されてなかったので自分で部分塗装しました。

djj7.jpg
トリケラトプスとサーベルタイガーには拡張ジョイントが内蔵されていて、それを展開することで足首の可動範囲を拡大できます。


djj6.jpg
djj5.jpg
ゴッドホーンとマンモスシールド。

この二つを装備させるともう余剰パーツ無しです。

では以下ブンドド。

djj4.jpg

膝の可動範囲が非常に広く、膝立ちも楽々こなせます。


動かしててこれが一番驚いた。

djj3.jpg
djj2.jpg
剣を振り上げてから振り下ろすまでの動きもできました。

djj1.jpg
以上、スーパーミニプラ 進化合体 大獣神でした。

合体と可動の両立を食玩で再現した優れ物。
可動範囲はさすがにスーパーロボット超合金版の方が上ですが、合体を再現した上でこの可動には脱帽。

角は塗装されてませんでしたがロボ頭部のフェイス塗装といいシールの至れり尽くせりなところといい、合体時には余剰パーツが全く出ず、紛失対策もきっちりされているという超親切設計のミニプラでした。

一個につき約千円近くという食玩にしては少々お高めな価格ですが、全部揃えるだけの価値は十分にあると言えるでしょう。

今月発売のドラゴンシーザーが楽しみです。

自分はカクレンジャー直撃世代なので無敵将軍や隠大将軍、ニンジャマンも出て欲しいですね。

スーパーミニプラは戦隊だけでなく昔のロボアニメなども展開しているすごいシリーズ。
戦隊シリーズもスローペースで展開されていくようですが、このまま止まらず突き進んで欲しいです。

それではまた〜。

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック