ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

レジェンドBB 真駆参大将軍&新世将頑駄無(超鋼Ver.)

2017.12.31 (Sun)

みなさんこんばんわ。

本日はプレミアムバンダイから、レジェンドBB 真駆参大将軍&新世将頑駄無(超鋼Ver.)です。

以前発売されたレジェンドBB 真駆参大将軍が超鋼verになり、そして新世大将軍編に登場する頑駄無真駆参のその後の姿である新世将頑駄無がキット化されたセットです。

今回は一部部分塗装しているものの基本的にシールのみを使用した素組みです。

では、続きからどうぞ〜。
IMG_0873.jpg
IMG_0874.jpg
軽装形態。

真駆参大将軍と基本的に同じですが、グロスとパール加工が施されております。

足はメッキパーツ。

IMG_0875.jpg
目の表情は通常版と同じ。


写真では未使用ですがおまけとして涙を再現したシールが付属しております。

IMG_0876.jpg
IMG_0877.jpg
真悪参の鎧装着。
IMG_0878.jpg

こちらもグロスとメッキ仕様。
この時点で煌びやかですね。

IMG_0879.jpg
三叉の槍。
これも当然メッキとグロスとなっております。

IMG_0883.jpg
IMG_0884.jpg
真駆参大将軍。

パールホワイトとグロスブラックはもちろん、レッドとゴールドメッキが美しいですね。

兜飾りのメッキはちょっとやらかしたのでクリアレッドを上から塗ってごまかしてます・・・(泣)

IMG_0885.jpg

陰陽珠はジュエルシールで再現。
ここも変わっておりませんが、メッキのおかげでより豪華さが際立っています。

IMG_0887.jpg
IMG_0888.jpg
龍馬凰形態。

こちらも専用パーツがメッキとグロスに。
このおかげで龍馬凰が通常版よりもキラキラして見映えが段違いです。

IMG_0880.jpg
IMG_0881.jpg
新世将頑駄無。

真駆参大将軍が大将軍の力を手放した、本編終了後の姿ですね。

大将軍だった頃の名残が鎧から垣間見えます。
IMG_0882.jpg

基本的には組み替えですが、兜飾りと胸鎧のみ新規パーツです。
銀部分は薄め液で一部メッキを落として銀メッキにするやり方をしております。

オプション、ギミックは以上です。

以下ブンドド。

IMG_0890.jpg
可動範囲は変わっていないのでアクション性もそのまま。

IMG_0891.jpg
新世将頑駄無に斬鳳剣を持たせてもいいですね。

IMG_0892.jpg
双刃剣もメッキ仕様ですが、持ち手のはめ込みがキツめなのでメッキの剥げに注意。

IMG_0893.jpg
以上、レジェンドBB 真駆参大将軍&新世将頑駄無(超鋼Ver.)でした。

ただのメッキコーティングキットとしてではなく、新世将頑駄無まで再現できる豪華セット。
レジェンドBBの方は武者真悪参が白銀の盾装備で一般販売されるなどの推しっぷりだったのでこの豪華さも納得です。
正直新世将頑駄無もあっちに入れてくれたらよかったのになと思ってましたが、やはりメッキは素晴らしいですね。

組み立てに関しては自分の失敗でメッキの一部をダメにしてしまったのが心残り・・・・。

メッキが剥げやすい上にはめ込みもキツめなので組み立てには十分注意しましょう。

来年のレジェンドBBにも期待です。

それではみなさん、よいお年を〜


関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック