ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

HGBC ダイバーエースユニット

2018.05.17 (Thu)

みなさんこんばんわ。

本日はHGBC ダイバーエースユニットです。

先日レビューしたHG ガンダムダブルオーダイバーの強化パーツです。これを装備する事でガンダムダブルオーダイバーエースを再現できます。

今回も素組み+スミ入れ+艶消しスプレーを使用しております。

では、続きからどうぞ〜。

IMG_1979.jpg
IMG_1980.jpg
全体。

ダブルオーダイバーのパーツを一部差し替えて装備。
IMG_1981.jpg
IMG_1982.jpg


膝アーマーとバックパック、肩のGNドライブが変更されています。
IMG_1987.jpg

バックパックはスラスターが展開可能。
IMG_1993.jpg
IMG_1994.jpg
ダイバーエースユニットのバックパックは接続用ジョイントが2種付属。
これを使うことで他のガンプラにも装備可能になります。
IMG_1983.jpg
GNダイバーソード。

クリアグリーンで成型されたレンズ部分が綺麗。
刀身も長く軽いので持たせても腕に負荷があまりかかりません。

IMG_1984.jpg
劇中のように肩にマウント可能。

IMG_1985.jpg
スーパーGNソードⅡ用パーツ。

IMG_1986.jpg
こちらはダブルオーダイバーのGNソードⅡのブレードを差し替えて取り付けます。

このまま腰にマウントすることも可能。

セット内容は以上。

以下ブンドド。

IMG_1988.jpg

スーパーGNソードⅡはライフルモードの変形もそのまま可能。

IMG_1989.jpg

ダイバーソードは肩の可動を活かせばなんとか手が届きました。

IMG_1990.jpg
IMG_1991.jpg

軽いので取り回しやすいですね。

IMG_1992.jpg
以上、ダイバーエースユニットでした。
他のキットにも装備できるようにジョイントなどはありますが、基本的にはダブルオーダイバー用のパーツセット。

ダブルオーダイバーに装備させるとダブルオーダイバーの余剰パーツが更に増えますので戻す場合も考えると旧パーツも紛失注意。


武器の見映えが良く、そのまま組み立てても満足感が得られました。

特にクリアパーツを使用しているダイバーソードは軽くて使いやすいので撮影中ポロ落ちもなく撮りやすかったです。

ダブルオーダイバー以外に使おうとするとパーツが余りやすいのは仕方ないですが・・・(そこはアイデア次第ですかね)。


6月頃にダブルオーダイバーとダイバーエースユニットがセットになったHGBD ガンダムダブルオーダイバーエースが発売される予定なので、今慌てて買うよりもセットが出てから購入しても遅くはないと思います。

HGの仕様もバラバラで買うよりセットで買った方がお得みたいです。

それではまた〜。




関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック