ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

HGUC ギャン・クリーガー

2018.05.31 (Thu)

みなさんこんばんわ。

本日はプレミアムバンダイ限定のHGUC ギャン・クリーガーです。

ギャン・クリーガーはゲーム「機動戦士ガンダム ギレンの野望 ジオン独立戦争記」に登場するMS。

マ・クべが搭乗していたギャンのバリエーション機です。

そのギャン・クリーガーがついにプレバン限定でHG化。
キットの構成はHGUC ギャンに新規パーツを大幅に追加したものとなっております。

今回はシール+部分塗装+スミ入れ仕上げです。

では、続きからどうぞ〜。
IMG_2068.jpg
IMG_2069.jpg
IMG_2070.jpg
全体。
メインカラーが水色からドムのような紫に。

IMG_2071.jpg
IMG_2072.jpg
IMG_2073.jpg
体の各部位にスラスターが追加されており、元のギャンよりいかつい雰囲気になってます。

バックパックも大きくなりました。


IMG_2074.jpg

元キットのHGUCギャン(リバイブ)と比較。
クリーガーは上から下まで新規パーツで、元のギャンからの流用パーツは本当に少ないです。

クリーガーの方が肩が狭そうですが、意外なことにどちらも可動範囲は同じです。

ギャンも騎士っぽいデザインですが、クリーガーは更に重そうな鎧を付けた騎士ですね。
IMG_2075.jpg

オプションハンドはギャンと同じ可動するタイプの手首が付属。

IMG_2076.jpg
ビーム・ランス。
ギャン・クリーガーの特徴的な武装。

ビームはクリアパーツ。
柄も長くて重そうですが、意外と軽いです。

IMG_2077.jpg

ランチャーシールド。

ギャンのシールドより軽くて持ちやすい。
IMG_2078.jpg
腕に固定するジョイントは無く、そのまま手に持たせるだけです。

オプションは以上。

以下ブンドド。
IMG_2079.jpg
気軽に動かせるところはさすがギャン。

IMG_2080.jpg
IMG_2081.jpg

アクションベースに対応していますが、接地性も高めなので地に足着いたポージングも可能。

IMG_2084.jpg
IMG_2086.jpg
ちょっと小改造してエフェクトの中に発光ギミックを入れてみた。

IMG_2082.jpg
以上、HGUC ギャン・クリーガーでした。

元キットのHGUC ギャンから良い所をそのまま引き継いだバリエーション機のキットとして一番正解に近い答えを出したHG。

新規パーツ、可動範囲の維持、組み立てやすさ、色分け、全てにおいて良くやってくれたと言えるでしょう。
部分塗装が必要な箇所も難しい場所ではないので気軽に取り組めました。

武器も軽くてアクションの邪魔にもならないのでポージングも楽しい。ギャンのシールドは出来は良いのだけれど重くてバランスを崩しやすかったのがストレスだったのがクリーガーではデザインに救われているのでそれがありません。

自分としてはそこが一番高評価の一因だったかなと。

ここまで新規造形でやるなら普通にプレバン限定にしなくてもよかったんじゃないのかって思いましたが、機体の認知度を考えるとやっぱプレバンの方が正解だったのかもしれない。


それではまた〜



関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック