FC2ブログ

ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

コトブキヤ 1/6スケールプラモデル KBT04-M アークビートル

2018.06.11 (Mon)

みなさんこんばんわ。
本日はコトブキヤから、1/6スケール プラモデル アークビートルです。

コトブキヤから展開されているメダロットのプラモデルシリーズに久々の新作。

かつてのゲームやアニメでも人気だったアークビートルがついに発売。

ワンフェスで見かけてから自分もずっと楽しみだったアークビートルです。

キット構成は成形色の色分けも美しく、組み立てやすい設計でした。

今回は素組みです。

では、続きからどうぞ〜
IMG_2127.jpg

IMG_2128.jpg
全体。

カラーリングも原作のイメージに近いものとなっています。

取説に書かれている解説がメダロット9準拠なのでメダロット9登場時のイラストを参考にしたのでしょうか。
IMG_2129.jpg
IMG_2130.jpg

腕パーツのイグニッションとエクスプロード、頭部パーツのプロミネンスにはクリアパーツが使われております。

IMG_2131.jpg
バイザー内部はカメラアイまで再現されていました(分かりやすいようにスミ入れしてます)。

IMG_2132.jpg
IMG_2133.jpg
IMG_2134.jpg
バイザーは3種付属。

無表情と怒り、塗装無しのクリアそのままの3つですね。

どれも組み立て後に取り外し可能なので好きな時にいつでも変えられます。

IMG_2136.jpg
IMG_2135.jpg
背中のメダルはハッチ展開ギミックもそのまま再現。

内部もそのまま再現してるところが細かい。

メダルにはカブトメダルの紋章は描いてありませんが・・・。


IMG_2139.jpg
カブトメダル。
原作ゲームやアニメではメダロットの脳や心臓にあたる部分。
実物大に近いサイズで別途に再現されてました。

カブト虫がしっかり成型されててびっくり。
IMG_2140.jpg
台詞プレート。
付属の台紙から切り取ってスタンドパーツに挟んで劇中の台詞を再現可能。
メダルは台詞プレート用のベースになります。
IMG_2141.jpg

これ台詞か・・・?

とはいえアークビートルはメダロット3やアニメ劇中ではほとんど喋らないキャラだったのでこれも納得。

IMG_2137.jpg

オプションハンドは握りこぶしの他に表情の違う平手が左右二種ずつ付属。

武器を持って戦う機体ではないのでこれで十分ですね。

IMG_2142.jpg
IMG_2143.jpg
腕パーツはなんとスプリングギミックにより弾丸を3方向に発射可能。

弾丸も両腕分付属します。

弾丸を入れる際は必ず中央の銃口から入れましょう。最初に横から入れようとすると中のパーツが折れてしまうので注意。
IMG_2138.jpg
フライングベース用のジョイントパーツ。
これを別売りのコトブキヤ フライングベースと合わせる事でアークビートルをディスプレイできます。

オプションは以上です。

では、以下ブンドド。

IMG_2153.jpg

ロボトル ファイト!!

IMG_2145.jpg
可動範囲は見た目どおり。そこそこ広いので銃撃ポーズも片手で構えやすいですね。

IMG_2146.jpg
頭部のプロミネンスの破壊力は当時は驚いたものでした。
※写真のエフェクトはワンフェスのアマチュアディーラーさんのブースで入手したものを使っております。
IMG_2150.jpg
IMG_2147.jpg

メダフォース! いっせいしゃげき!

IMG_2148.jpg
以上、アークビートルでした。

組み立てやすく、FAガールよりも気楽に作れる優しい仕様なので組み立て時間もそこまでかからない、初心者にも優しいキットでした。

注意点は腕の弾丸ギミックの弾丸を入れる順番を間違えない事、そして腕が外れやすい点に気をつけましょう。

それ以外は特に問題点も見当たらず、満足のいくプラモでした。
特典パーツ付きを買えなかったのが今回の心残りでしたけど。

メダロットシリーズはゲームもアニメも楽しんでいたので今回の発売は嬉しいものでしたね。

コトブキヤのメダロットシリーズを買ったのは今回が初めてですが、このままアークビートルダッシュとかティレルビートルとかも出てくれないかなーなんて。

そういやドークスもまだ出てないんだっけ。

このシリーズならスミロドナットやウォーバニットも出してくれそうな気がするので地道に続いて欲しいですね。


それではまた〜。



関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック