FC2ブログ

ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

MG Gパーツ[フルドド](実戦配備カラー)

2018.08.13 (Mon)

みなさんこんばんわ。

本日はプレミアムバンダイ限定のMG Gパーツ フルドド(実戦配備カラー)です。

ホビーマガジンのガンプラ付録でもあったフルドドがMG化。すでにプレバンで展開されたMGヘイズル改やアドバンスド・ヘイズルとの合体ギミックも再現しております。

今回は素組みです。
では、続きからどうぞ。
IMG_2597.jpg
IMG_2598.jpg
IMG_2599.jpg

全体。
IMG_2600.jpg
IMG_2601.jpg

ブレードユニットやウイングユニットの大きさもあって大きいというか長いです。
成形色の色分けの再現度はノーズユニットまでしっかりティターンズカラーが再現。
昔のHG用の付録は真っ白だったからこれは嬉しい。

IMG_2602.jpg

新規造形の専用ベースとジョイントがあるおかげでこの形態でのディスプレイは楽。

ではさっそく合体ギミックにいきましょう。

IMG_2689.jpg
フルドド二機合体。

フルドドを二つ買っていればフルドド同士で合体が可能。

IMG_2690.jpg
IMG_2691.jpg
クローユニットはスライドで展開、後ろにブレードユニットを差し込みます。

当然後ろに長くなるのでディスプレイ時は背後注意。

次はヘイズルとの合体。

IMG_2523.jpg
まずはヘイズル改と単機合体。
腰にもバックパックにも装着可能。画像はバックパックに装着。

この時点でも十分カッコいいです。
ベースがあるとはいえ重量が増えるので空中でのディスプレイはオススメできません。
ヘイズル本体を支える為のベース用ジョイントが無いからすっぽ抜けやすくて安定しない・・・。

立たせるだけならフルドド用ベースジョイントのみでも問題無し。

IMG_2524.jpg
IMG_2525.jpg
ウイングユニットはそのまま可動。
ポロ落ちしまくるので撮影は諦めましたが、ユニットにはヘイズルのライフル用エネルギーパックが装着可能です。

IMG_2700.jpg
IMG_2526.jpg
胸アーマーはヘイズルのコクピットの上部パーツをそのまま差し替え。
外す際は破損注意。

IMG_2694.jpg
ブレードユニットをビームライフルと合体させることでロングブレード・ライフルを再現。
フルドド装備時ではこの武器が一番好き。

長く重くなるので手の保持力が高いヘイズルでも抱えるのに一苦労。

IMG_2696.jpg
IMG_2695.jpg
ブレードユニットはライフル合体時含めてクローユニットに装着可能。
IMG_2697.jpg
クローユニットはヘイズルのビームサーベルエフェクトも装着可能。

IMG_2692.jpg

IMG_2693.jpg
フルドド2機と合体。

ラーでなくとも重量感あってカッコいい。

でもフルドド二機が丸ごと合体してるのでこの状態では立っているのがやっとです。

ベース二つで前と後ろから支えられますが、肝心のヘイズル本体を支えるジョイントが無いので空中でのディスプレイは厳しいです。

IMG_2698.jpg

ロングブレード・ライフルも持たせると長過ぎてほとんど動けません。

IMG_2699.jpg
ノーズ・ユニットにはシールドブースターも装着可能。

しかしその分重くなるので注意。

次はアドバンスド・ヘイズルと合体させてヘイズル・ラーにしてみましょう。

IMG_2702.jpg
IMG_2701.jpg

アドバンスド・ヘイズルと合体させる場合、ヘイズル改のバックパックを取説では要求していますが、実はアドバンスドしか買ってなくても問題ありません。

MGアドバンスド・ヘイズルはヘイズル改のバックパックのパーツが余剰パーツになります。
なのでそのパーツをそのまま画像のようにバックパックを組み換えれば大丈夫です。ただしアドバンスド・ヘイズルの取説には組み方が記載されておらず勘で組まないといけません。

IMG_2703.jpg


ヘイズル・ラー第二形態。
シールドブースターもあってほとんど動けません。

立っているのがやっとです。

IMG_2704.jpg
それでもこの大ボリューム。
ベースで浮かす事すらままなりません。
IMG_2706.jpg
本当に動けないなぁ。
IMG_2705.jpg
以上、MG フルドドでした。

フルドド本体の再現度は合体ギミック含めて非常に満足のいくものでした。
デカールも付いてますし、二個買った甲斐もあったというもの。

でもヘイズル用に一つあればいい感じですね。

わかりきったことですが装着時に重量が増えるのでディスプレイ時は注意。
ヘイズルと合体させるとヘイズル本体のディスプレイしにくさがフルドドとの合体ギミックと作用して悪化します。

ベースを駆使して立たせるだけならまだ問題ありません。

しかしベース用のジョイントがフルドド側にしかなく、ヘイズル本体を直接支える為のベース用ジョイントが無いのでベースで飛行ポーズのディスプレイが全く安定しません。

下手にやろうとすれば重さに負けてバックパックから外れてしまいます。
アクションベース1のジョイントを使いましたがそれでも重さに負けました。

MGヘイズル改を買った時から危惧していたことが現実になったのが残念でした。

宇宙用の機体だから飛行状態で飾りたかった・・・。

合体後のディスプレイ性の悪さを除けばMGでも組み立てやすいキットです。
フルドド一機でも十分ヘイズルと楽しめるキットなのでヘイズル・ラー第二形態にこだわらなければ無理に2個買いする必要はありません。

あればヘイズルの楽しみが増えるのでヘイズルを購入された人にはオススメのMGです。

フルドドの受注がかなり多かったみたいなのでこの調子でプリムローズも出てきてくれたらいいですね。

それではまた〜。




関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック