FC2ブログ

ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

S.H.Figuarts :ウルトラマンジード ロイヤルメガマスター

2018.08.27 (Mon)

みなさんこんばんわ。
本日はプレミアムバンダイ限定のSHF ウルトラマンジード ロイヤルメガマスターです。

ウルトラマンジードでのTV本編での最強形態がSHF化。
魂ネイション2017で発表されてからようやくですね。

キングソードはもちろん、劇中さながらの神々しいデザインを美しく再現してくれてました。

では、続きからどうぞ〜。




IMG_2865.jpg
IMG_2866.jpg
全体。
IMG_2867.jpg

色や顔、マント等所々にウルトラマンキングを彷彿とさせるデザインです。

IMG_2868.jpg
カラータイマーは点滅状態のものが付属。

胸アーマーを外してから差し替えます。

IMG_2869.jpg
背中のマントは布ではなくプラ製。
SHFタドルレガシーのよりは動かしやすいですがやっぱり重い。

金塗装はとても綺麗。
IMG_2870.jpg
腰の左側にはキングソード(収納形態)を提げておけます。

ポーズの邪魔にならないように小さめです。

IMG_2871.jpg
IMG_2872.jpg
キングソード(使用時)。
この形態に置けるメイン武器ですね。

DX玩具がそのままSHFサイズにまでなったかのように細部まで塗装されています。

カプセルは外せません。

IMG_2873.jpg
オプションハンドは持ち手の他に平手3種が左右で付属。

IMG_2874.jpg
可動範囲が広いのでポーズに合わせて使えますね。
それでもソード両手持ちは少し厳しいですが。

IMG_2876.jpg
ロイヤルエンド!

光線ポーズは可能。

以上、SHF ウルトラマンジードロイヤルメガマスターでした。
他のフュージョンライズに先駆けてSHF化の発表があり、ジード本体の出来も良かったことから購入して正解でした。

アーマーが可動に干渉しない造りではあるものの、それでも両手持ちや光線などのポーズはちょっととりにくい。

しかし劇中の神々しさと豪華さを完璧に再現しており、立たせてるだけでも十分に映えるSHFでした。

マントが意外と重いので支柱無しだとマントの向きによってはジードが倒れやすく感じました。

仕方ないとは言え、魂ステージ必須ですね。

それでもロイヤルメガマスターの出来がだいぶ良かったので、ウルティメイトファイナルのSHF化も期待したいですね。

それではまた〜。





関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック