FC2ブログ

ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

SDBD RX-零丸

2018.09.12 (Wed)

みなさんこんばんわ。

本日は「ガンダムビルドダイバーズ」から、SDBD RX-零丸です。

作中に登場するSDガンダム使いのアヤメが使用するガンプラがついに発売。
フレームには最新シリーズSDガンダムクロスシルエットシリーズののクロスシルエットフレームをそのまま内蔵、そして劇中で披露したリアル形態なども再現可能というSDガンダムの集大成のようなキットでした。

今回はシール+スミ入れ+部分塗装+半光沢トップコートの簡単仕上げです。

では、続きからどうぞ〜。

IMG_3016.jpg
IMG_3017.jpg
シノビ形態。

SDモードですね。
元がユニコーンガンダムなこともあってか、見た目がユニコーンのNT-Dモードみたいになってます。

クロスシルエットフレームを使っているので可動範囲も広くなっております。
IMG_3019.jpg

劇中のようにマフラーを巻いた状態を再現するパーツも付属。

ですがちょっと外れやすかったので本記事の画像では付けておりません。

IMG_3018.jpg

ツノ飾りを閉じてバイザーを下ろすことでカクレ形態に。

ユニコーンを意識してて素敵。

IMG_3020.jpg
目の表情シールは二つ付いており、レジェンドBBシリーズのように変更可能。

私は片方のシールを内部だけ切り取ってデストロイ発動っぽくしました。

IMG_3021.jpg
オプションハンドは印を切った手が左右で付属。

意外となかった種類なので嬉しい。

IMG_3023.jpg
種子島雷威銃(タネガシマライフル)。

武者ガンダムが持っているライフルそのまま付属。
しかしレジェンドBBの武者ガンダムのものを流用してるかと思えばパーツは新規だったり。

IMG_3025.jpg
IMG_3026.jpg
クナイ。
二つ付属。
エフェクトパーツまで取り付けられます。

IMG_3022.jpg
忍者刀。

名前がついてるかと思ってましたがそのままでした。

今回は鍔の部分だけ塗装。
IMG_3024.jpg

馬具那タネガシマ(マグナタネガシマ)。

ユニコーンのビームマグナムを意識したデザインでカッコいい。

IMG_3029.jpg
忍者刀とマフラー用パーツを合体させることでビーム斬馬刀に変形可能。

IMG_3027.jpg
IMG_3028.jpg
大型手裏剣。
グリップパーツで手に持てる他、背中に装着可能。

IMG_2980.jpg
IMG_2981.jpg
武装装甲八鳥(ぶそうそうこうはっとり)。

SDガンダム名物の鳥型サポートメカ。
馬具那タネガシマにリアル形態用のパーツを組み合わせて完成。

アクションベースにも対応。

IMG_2975.jpg
IMG_2976.jpg
IMG_2977.jpg
忍闘-道形態。

リアルモードですね。

八鳥と合体することでリアル形態に。
HGと同じくらいの大きさになります。

IMG_2978.jpg
IMG_2979.jpg

頭部は劇中で登場した面を付けた状態を再現可能。

IMG_3040.jpg
可動範囲はそのままですが、腕も延長されているのでビーム斬馬刀をギリギリ両手持ち可能。

オプション、ギミックは以上です。

以下ブンドド。
IMG_3030.jpg
IMG_3031.jpg
IMG_3032.jpg
IMG_3033.jpg
カクレ形態でもアクションが決まって楽しい。

IMG_3034.jpg
IMG_3035.jpg
IMG_3036.jpg
IMG_3037.jpg
降下しながらの変形で武器を投げる感じで。

IMG_3038.jpg
忍闘-道発動。
IMG_3039.jpg
がしーん。

IMG_3041.jpg
IMG_3042.jpg
過去のSDガンダムシリーズから武器を拝借。
飛駆鳥大将軍の討魔八紘剣が装備できました。
IMG_3043.jpg
大刀覇剣(漢字が出ない・・・)まで装備できたり。

IMG_2974.jpg
以上、零丸でした。

ビルドダイバーズでも気になってたガンプラをようやく買えて嬉しい。

スターウイニングみたいなのも好きですが、ユニコーンガンダムを元に武者ガンダムネタを所々にぶちこんでいて非常に大ボリュームなキットとなっております。

シールが多くて少し大変ですが、金部分だけでも塗装すればかなり見映えも良くなるのでオススメです。

天鎧王とか鋼丸とか大好きなので大満足なガンプラでした。

気になったのはクロスシルエットフレームなのに、同シリーズのSDフレームがそのまま使えないことくらいですね。

塗装後は色移りしやすいのでポージングの際は注意しましょう。



それではまた〜。

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック