FC2ブログ

ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

METAL BUILD ガンダムアストレアTYPE-F (GN HEAVY WEPON SET)

2018.10.25 (Thu)

みなさんこんばんわ。

レビューがだいぶ遅くなってしまいましたが本日はMETAL BUILD ガンダムアストレアTYPE-F (GN HEAVY WEPON SET)です。

METAL BUILDシリーズに「機動戦士ガンダム00」の外伝作品の「機動戦士ガンダム00F」に登場する ガンダムアストレアTYPE-F がプレミアムバンダイ限定で登場。

ダイキャストに豊富な武装と実に大ボリュームな構成でした。

では、続きからどうぞ〜。
IMG_3525.jpg
IMG_3526.jpg
IMG_3527.jpg
全体(背面写真だけボケちゃっててすみません)。

全身のフレームにダイキャストが使われているためか塗装の中に金属パーツの光沢が美しく輝いてます。
マーキングも各部位に再現。
IMG_3528.jpg
胸のGNドライブやフュレシュテのマークまでプリントされていました。

フェイスマスクはクリアパーツで原作通りに中身が見える構成。IMG_3531.jpg
IMG_3532.jpg
頭部はフェイスオープン状態のものが丸ごと付属。

このギミックはRG・HG・1/100シリーズ全てにおいて再現されていましたが、ガンプラは組み替えの必要があったりするので、丸ごと付属したのは珍しいですね(ROBOT魂版は未所持なので比較できませんが)。

IMG_3529.jpg
IMG_3530.jpg
背中のスラスターやビームサーベルの基部は可動。

GNドライブのコーンにもマーキングが施されていました。
IMG_3533.jpg
GNビームサーベル。
エフェクトはクリア素材で再現。

サーベル状態とダガー状態が二振りずつ付属。
両方再現できるのがうれしい。

IMG_3534.jpg
GNビームライフル。

アストレアFの主武装の一つ。

腕に取り付ける際はグリップをスライドさせて装備。

持ち手も両手分付属。

IMG_3535.jpg
付属のアタッチメントパーツで腰にマウント可能。

外したパーツは失くさないように注意。

IMG_3536.jpg
IMG_3537.jpg

GNハンマー。

トゲがクリアパーツ。射出状態もワイヤーで再現。

「00I」劇中ではこれでアイズガンダムをフルボッコにしてました。

IMG_3538.jpg
こちらもライフル同様にアタッチメントパーツで腰にマウント可能。

IMG_3539.jpg
IMG_3540.jpg
GNハンドミサイル。

00本編中ではキュリオスが一度使った武器でしたね。

腕に直接持つ事もできるし腕に直接取り付けることも可能。

IMG_3541.jpg
ツマミをスライドさせることでミサイルハッチを展開可能。

内部まで再現されているのが細かい。

IMG_3542.jpg
IMG_3543.jpg
GNビームピストル。
00本編ではデュナメスが使っていた武装。

銃口まで再現。

IMG_3544.jpg
当然ホルスターも付属。
中に収納可能です。

IMG_3545.jpg
IMG_3546.jpg
NGNバズーカ。

マガジンは着脱可能。
伸縮ギミックで構えやすくなってます。

IMG_3547.jpg

フォアグリップは両サイドにあるので左右どちらでも対応して持てます。

IMG_3548.jpg
GNランチャー。
二つ付属。
ダイキャスト関節のおかげで安定して持てます。

IMG_3549.jpg
元の設定通りにグラビカルアンテナを外して装着することも可能。

高出力で発射するときの状態が再現できました。

IMG_3550.jpg
二つあるので同時に装備も可能。

IMG_3551.jpg
IMG_3552.jpg
GNシールド。
このアストレアFのギミックの都合で4つ付属。

アタッチメントも両手分付属し、展開ギミックがアレンジされています。

IMG_3553.jpg

プロトGNソード。
二つ付属。
IMG_3554.jpg

前腕のパーツを一部外して腕に装備。
ソードにもマーキングがプリントされています。

装備時に外した腕パーツは紛失注意。

IMG_3555.jpg
サイズは1/100のガンプラより若干大きめですが、可動を阻害する事なく動かせます.

IMG_3556.jpg
また、ソードのアタッチメントに上からそのままGNビームライフルを装備可能。

これが出来るのはガンプラではRGだけだったので嬉しい再現。

IMG_3565.jpg
武装全部載せ。

フル装備状態も再現可能です。

IMG_3566.jpg
IMG_3567.jpg

ディスプレイベース。

専用アタッチメントを差し込んでディスプレイできます。
IMG_3568.jpg

ガンプラのアクションベースより固く作られているので重たいメタルビルドでも安定してディスプレイ可能。

ロック機構で向きも固定しやすい。

ベースには機体名や武装名までプリントされてるのが細かいですね。

IMG_3569.jpg
IMG_3570.jpg
メタルビルドのオリジナルギミックとしてシールド用アタッチメントパーツが新たに付属。

腰アーマー用と肩アーマー用の2種が付属します。
一部にダイキャストもあるので安定感はマシマシ。

IMG_3571.jpg

背中のGNドライブのハッチを展開、アタッチメントを差し込むことでシールド4つを丸ごと装備できます。

フル装備につけるとどえらいことに。

IMG_3572.jpg
IMG_3573.jpg
腰に付けてサイドスカートのようにできます。

シールドも展開するとすごいシルエットになりますね。

オプション、ギミックは以上です。

では、以下ブンドド。

IMG_2634.jpg
IMG_2635.jpg
IMG_3558.jpg
近接戦闘はお手の物なガンダムだったので近接武器のアクションも楽しい。

オプションハンドは平手も付属するのでポージングもしやすいです。

IMG_3559.jpg
IMG_3563.jpg

IMG_3560.jpg
IMG_3562.jpg
IMG_3564.jpg
アストレアFは元々テスト機だったこともあり、劇中でもいろんな武装を使いこなしていたガンダムだったので何持たせても楽しいですね。

IMG_3574.jpg
IMG_3575.jpg
フル装備でも腕が重さに負けてないのがさすがのメタルビルド。

IMG_3576.jpg
IMG_3577.jpg
シールドフル装備でアクションさせるのも楽しい。

IMG_3578.jpg
せっかくなのでフェイスオープンも。
IMG_3579.jpg
任務中に敵の砲撃を顔にくらってガンダム顔バレしたからその場で敵殲滅とか実にソレスタルビーイングらしい行動もやってましたね。

IMG_3582.jpg

以上、METAL BUILD ガンダムアストレアTYPE-F (GN HEAVY WEPON SET)でした。

ガンプラのアストレアFは電ホビ付録版から持っていたので愛着があり、二次受注開始時には即ポチでした。
メタルビルドはガンプラでやって欲しかったギミックを丸ごと凝縮したものとなっております。
アストレアFの立体物の決定版と言っても過言ではないでしょう。

注意点は小さいパーツが多いので紛失に気をつけましょう。

一番お手軽に劇中再現が楽しめるのはガンプラのHGシリーズと1/100シリーズのアストレアFですが、メタルビルドは高額商品だからこそ出来る事に挑戦した仕様となっていますね。

ただプロトGNソードの装着ギミックはガンプラと同じ仕様にしても良かったのでは?と思いました。
前腕裏側のパーツまで外すので、その手間がちょっと面倒に感じました。

自分はメタルビルドシリーズを買ったのはこれが初ですけども、ここまで動かしてて楽しいシリーズは初めてでした。

メタルビルドはこれと11月発送のアバランチユニットセットだけの予定ですが、もしアストレアF2が出たらぜひ買いたいですね。

出るとしたらFになる前の00P時代の白いアストレアが先になるでしょうけれども。

それではまた〜。



関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック