FC2ブログ

ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

RG トールギスⅡ

2018.12.31 (Mon)

みなさんこんばんわ。

今年最後のレビューはRG トールギスⅡです。

「新機動戦記ガンダムW」に登場するトレーズ・クシュリナーダが搭乗するMSがプレミアムバンダイ限定でキット化。

キット構成もRGトールギスを元に新規パーツを追加したものとなっております。

今回は素組み+スミ入れ、つや消しの簡単仕上げです。

デカールはあまり使用してません。

では、続きからどうぞ〜。
IMG_4284.jpg
IMG_4285.jpg
IMG_4286.jpg
全体。

アレンジが加わっていますが、頭部などがMGよりも色分けが増えています。

IMG_4287.jpg
カメラアイはバイザーではなくガンダムのようなツインアイをシールで再現。

シールを使わなければバイザーにもできますが塗装推奨。

顔の赤いラインも色分けされていました。


IMG_4288.jpg
IMG_4289.jpg

バックパックのブースターとリアアーマーは展開可能。
ブースター展開時はトールギス本体の背部にロック機構があるので飛行ポーズ時に関節が後ろにへたれる心配もありません。

IMG_4290.jpg
股関節にはスライド機構で可動範囲の拡大が可能。

IMG_4291.jpg
IMG_4293.jpg

ドーバーガン。
専用持ち手とアームが広く動くのでMGよりも自然に持てるように。

グリップまで動くから構えやすい。

IMG_4292.jpg

銃身のスライドギミックも当然再現。

IMG_4294.jpg
IMG_4295.jpg
シールド。
裏側にはサーベルを収納可能。

グリップを持ち手で掴む事もできます。

IMG_4296.jpg
IMG_4297.jpg
ビームサーベル。
専用持ち手は角度がついたものとなっております。

RGトールギスは肘がまっすぐ伸びないのでこれはありがたいですね。

ビームサーベルのエフェクトはクリアピンクとクリアーが付属。

塗装派にも安心ですね。

IMG_4298.jpg
アクションベース用ディスプレイジョイントパーツも付属するのでベースを持っていればディスプレイも可能

IMG_4311.jpg
IMG_4310.jpg
オプションハンドは持ち手や握りこぶしの他に平手が付く点はRGトールギスと同じですが、トールギスⅡには劇中のシーンを再現した手が付属します。

IMG_4301.jpg
これによってドーバーガンを床に立てるポーズが可能に。

ちょっと倒れやすかったので画像ではドーバーガンの向きを逆さまにしています。

オプションは以上です。

以下ブンドド。
IMG_4302.jpg
IMG_4303.jpg
肩関節も引き出し機構になっているのでドーバーガンやシールドを構えやすくなってますね。

IMG_4305.jpg
IMG_4306.jpg
おかげでシールドからサーベルを引き抜くのも自然に行えます。

IMG_4307.jpg
IMG_4308.jpg
ブースター全開からの突貫。

IMG_4309.jpg
以上、RGトールギスⅡでした。

基本的にRGトールギスと同じ仕様ですが、MGで不満だった部分が改善されてよりアクション性も高くなっておりました。
RGトールギスと同じように背中のロック機構のおかげでブースターの重さで胴体関節がへたれやすい欠点が改善されていたことも嬉しいポイント。

MGも好きなんですが、RGはもっとエレガントに良くなってくれましたね。

このままHGのアルトロンガンダムも出して欲しくなります。


今年の更新は最後になります。

それでは皆様、良いお年を〜。


関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック