FC2ブログ

ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

SDCS クロスシルエットフレーム(グレー)

2019.05.09 (Thu)

みなさんこんばんわ。
そして令和おめでとうございます。

令和最初のレビューはSDCS クロスシルエットフレーム(グレー)です。

発売中のSDガンダムクロスシルエットシリーズに対応したフレームで、フレームをこちらに組み替えることで可動範囲の拡大が可能になります。


では、続きからどうぞ〜。
IMG_5537.jpg
IMG_5538.jpg
全体。
頭部パーツにはジムヘッドが付属。

IMG_5539.jpg
首ジョイントは2種付属しその中から選択。
今回はシスクードに組み込むため、こちらが余りました。
IMG_5542.jpg
SDフレームと比較。
SDフレームもSDガンダムのフレームとしては可動が広めでしたが、クロスシルエットフレームはサイズや可動範囲が更に大きくなっています。

IMG_5540.jpg
IMG_5541.jpg
フレーム本体の可動範囲は肩に引き出し関節があったり立て膝が出来るくらいに広め。

では早速SDCSシリーズに組み込んでみましょう。

IMG_5543.jpg
前回購入したSDCSシスクードに組み込みました。

クロスシルエットフレームへの組み替え方はSDCSシリーズの取扱説明書に書いてあるので楽にできました。

IMG_5544.jpg

可動範囲が広くなり頭身も上がってSDフレームよりスマートなスタイルになりましたね。
IMG_5545.jpg
可動範囲が広くなったことで大型武器が構えやすくなり、接地性も上がって地に足ついたポージングがしやすくなりました。
IMG_5548.jpg
ビームサーベルなどの武装もダイナミックに振り下ろせるようになってます。

IMG_5549.jpg
以上、SDCS クロスシルエットフレームでした。
可動範囲が広くなるだけでなくスタイルも見違えるほど変わるので大きい武装を持っている機体は特に効果抜群です。

SDガンダムでやって欲しかったことを更に広げて叶えてくれるアイテムでした。

このフレームが最初から付属しているのはHGBD RXー零丸やRX零丸神気結晶、他にはSDCSガンダムとCSフレームがセットになったやつくらいと記憶していますが、今回買ったグレー以外にもホワイトも単体で売ってくれているおかげで色も揃えやすいです。

SDCSシリーズを買う際にこのフレームを一緒に買う人がいるのも当然ですね。

それではまた〜。

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック