FC2ブログ

ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

レジェンドBB 新世大将軍

2019.12.31 (Tue)

みなさんこんにちわ。

今年最後のレビューはレジェンドBB 新世大将軍です。

SDガンダムシリーズ「新SD戦国伝 伝説の大将軍編」の終盤にて、主人公の烈光頑駄無が大将軍になった姿が登場。

旧キットも成形色の色分けが今でもすごいレベルでしたが、レジェンドBBもそれに引けを取らない出来でした。

今回は部分塗装+スミ入れ+シールの簡単仕上げです。

レビューは続きからをクリックでどうぞ。
IMG_6986.jpg
IMG_6987.jpg
軽装形態。

メッキパーツが使われているためこの時点でも豪華な雰囲気。
IMG_6988.jpg
可動範囲はこれまでのレジェンドBBと大差無し。

IMG_6989.jpg
IMG_6990.jpg
レジェンドBBおなじみの表情変化ギミック。
左右に向けた視線の他、太陽砲発射時の目も付属。

今回は正面を向いた目線と太陽砲発射時の目を選択しました。

IMG_6991.jpg
IMG_6992.jpg

鎧装着。
特徴的な羽はまさかの旧キットのものをそのまま使用。

元々の色分けがよかっただけにこれは思い切った採用ですね。

IMG_6993.jpg

体凰、心凰、技凰の結晶鳳凰もメッキとクリアパーツで再現。

結晶パーツは昔ジュエルシールでしたが、クリアもまた綺麗です。

IMG_6994.jpg
輝煌の軍配。

大将軍の定番アイテムの軍配はメッキとクリアパーツ。

軽装形態のツノ飾りも装着可能。

IMG_6995.jpg
光鳳剣。

新世大将軍の刀で、素組みだと刀身はシールを貼りますが、それだとせっかくのメッキが勿体なく感じたので金メッキの金だけを薄め液で落として刀身をシルバーメッキにしました。

IMG_6996.jpg
肩鎧が大きいので少し動かしづらいですが、刀を振り下ろすなどのポージングはなんとかできます。

IMG_6998.jpg
IMG_6999.jpg
胸の太陽砲は展開可能。

顔はパーツを外してモチーフ元のガンダムF91のようなエネルギー放出状態を再現。
そしてメッキで再現された戦武面(バトルマスク)も装着可能です。
IMG_6997.jpg
三連大目牙砲(トリプルオメガキャノン)。
背中の大目牙撃法(オメガスマッシャー)を前方に展開。

神手甲を腕に取り付けて構えますが関節が曲げにくくなるので持ちづらい。

IMG_7001.jpg
IMG_7002.jpg
IMG_7003.jpg
神馬凰(じんばおう)形態。

新世大将軍の変形。騎士ガンダムのケンタウロス形態に近いですね。

全体的にシルエットが大きくなってます。

IMG_7004.jpg

結晶風防(クリスタルゴーグル)を下げた状態も再現。
結晶風防は旧キットだと白いところまで色分けされていましたが、レジェンドBBではクリアブルー一色になってました。

クリアパーツをそのままにしてもいいかなと思ったのでここは部分塗装しておりません。



IMG_7005.jpg
太陽砲発射形態。

必殺武器の太陽砲発射形態も再現。
旧キットではスプリングギミックなどありましたがレジェンドBBではありません。

IMG_7006.jpg

以上、レジェンドBB 新世大将軍でした。

昔に比べてサイズが小さくなったものの、色分けやメッキパーツが増えて密度が大きく上がったところはさすがレジェンドBB。

旧キットの羽をそのまま使用するなど昔の良いところをそのまま流用したのも凄いですね。

今回は撮影しておりませんがレジェンドBB 飛駆鳥大将軍との連動合体ギミックも追加されているところも面白い。

欲を言えば目の表情パーツをもう一個欲しかったところくらいですね。

欠点というか注意点ですが、神手甲を付けた状態は構造上肘関節の可動が制限されてしまうので勢い余って破損などしないよう気をつけましょう。


現在も受注が続いているようなので欲しい方は早めにプレミアムバンダイで注文しましょうね。

それではみなさま良いお年を〜。





関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック